Home > のぼりの宣伝効果と向き不向き > のぼりを使った集客やアピールが効果的なお店・不向きなお店

のぼりを使った集客やアピールが効果的なお店・不向きなお店

のぼりはコスパ良く、自動車運転者と歩行者の両方にアピールできることから、集客や販促には最適なツールです。

しかし、どんなお店でもマッチするわけではありません。

ここでは、のぼりを使った宣伝効果のあるお店と不向きなお店について解説します。

まず、のぼり宣伝がぴったりなお店ですが、それはファミリー向けのレストランやトラック運転手などを狙ったラーメン店です。

店頭にのぼりを設置しておくと、車に乗ったお客さんを確実にキャッチしていくことができます。

のぼりには、安さを表す言葉や一目でわかる一押しメニューを載せておくとさらに効果的です。

また、商店街や繁華街にあるお店も最適です。

お店が乱立し、さらに人通りも多いため、お店だけでは十分にアピールできません。

でものぼりを置くことで、お店自体を目立たせることができます。

歩行者を狙ったのぼりを作成する場合は、人間の目線と同じ高さののぼりが一番効果的です。

一方、もともと車通りや人通りが少ない場所近くのお店の場合は、のぼりを作成して置いたとしてもその効果を実感することは難しいでしょう。

そもそものぼりを見る人が少ないのでは意味がありませんね。

こういった場合は、WebサイトやDMを使った戦略にシフトしてください。

また、富裕層をターゲットにした高級店や伝統を重んじた作品を置くようなお店の場合ものぼりは不向き。

のぼりには「大衆的」なイメージがあるため、のぼりを設置することでお店の高級感や重厚感を損ねてしまうリスクがあるからです。

Comments are closed.

TOP