Home > のぼりの文言とデザイン > のぼりのデザインに工夫を凝らしてさらなる集客効果を狙う

のぼりのデザインに工夫を凝らしてさらなる集客効果を狙う

のぼりは設置方法なども大事ですが、当然ながらのぼり旗のデザインも重要です。

何を掲載して作成するかによって客入りが大きく変わってきます。

お店のターゲット層に合わせて文言やデザインを工夫してみましょう。

集客効果ナンバーワンとも言えるのが、のぼり旗にメニューや商品の値段を記載することです。

とくに新規顧客はそのお店の価格帯が予算にマッチするかどうかで判断します。

そのため、値段がわからないお店には入らない人も多い傾向にあります。

いくらかかるかわからないお店は入るのが怖いですよね。

また、サクっとランチしたい場合やちょっとした時間つぶしに入りたい場合は、安さ重視でお店を選ぶ人も多いはずです。

そんな人たちを取り込みたいと思えば、「ランチ900円」「珈琲1杯300円」など具体的な価格を掲載したのぼりがもっとも効果的ですぐの客入りが期待できます。

また、売り出したいメニューや商品の写真を掲載するのもおすすめです。

パッと見ただけで何を食べられるのか、買えるのかがわかるのは大きなアピールポイント。

できるだけ実際に提供できるものの写真を掲載するのが良いです。

また、「期間限定」「当店名物」「夏季だけ」などと限定的な文言を入れておくのも集客効果は絶大です。

お店ならではアピールポイントを整理して、何を掲載するか、どこをターゲットにするかを検討しましょう。

そして、一定期間のぼりを出して効果を検証し、次作成するときの課題にしましょう。

Comments are closed.

TOP